トップページ > アーカイブ > 【販売終了】ハイパーブレスライト琥珀TYPE

【販売終了】ハイパーブレスライト琥珀TYPE

ハイパーブレスライト最新版
「ブレスライト ヤングル」はこちらから!


会員限定 桜と琥珀、どう違う?
微量放射線を超えるパワー
「生命器官(ミトコンドリア)」へエネルギー供給
FDA(アメリカ食品医薬品局)公認
「作用光」590nmをそのまま使用!
究極のブレスライト第2弾
ハイパー・ブレスライト琥珀TYPE登場!
6月11日(木)モニター販売「開始」!
回転する光が人生を変える!

エクボが円偏光技術に着目した理由!

目の水晶体が白内障を呈してくると、水晶体内にD型のアミノ酸が増える。 http://www.nikon.co.jp/channel/light/chap02/sec05/ http://hlweb.rri.kyoto-u.ac.jp/fl/secretary.html アミノ酸は、本来、生体内では、L型しか存在しないはずだが、なんらかの刺激によって生体活動にかみ合わないD型が生まれている。 アミノ酸がL型になるためには、「右円偏光」が必要。 NTT通信エネルギー研究所でイソバリン(アミノ酸の1種)水溶液に右円偏光を当て、L体が増えるのを観察した。 http://neweb.h.kobe-u.ac.jp/labo/nakagawa/asymmetric.html また、光が与える治癒効果について光が「右円偏光」のときに効果が大きくなることが知られている。 http://journals.lww.com/jtrauma/Abstract... ●ハイパー・ブレスライト・モニター機は、 自然界の光(電磁波)は、 左円偏光、右円偏光が同数発生する。 右円偏光がL型アミノ酸を生み出すのなら、 左円偏光は、おそらくD型アミノ酸を生み出す要因になる。 【1】 もし、純粋な「右円偏光」に体を晒すことにより、D型アミノ酸増加を抑えたり、減少させることが可能なら、リバースエイジング・眼の機能の回復などに応用できる? 【2】 植物の葉緑素は、円偏光をよく吸収するという事実がある。 http://www.naist.jp/pressrelease/detail_j/topics/1190/ ミトコンドリアは、葉緑素に類似した構造・機能を持っているので、もしミトコンドリアも円偏光を選択しているのだとしたら、ミトコンドリアが好む円偏光を与えれば、寿命を延ばすことが可能なのでは?
★予定価格★ (送料なし、消費税込)
非会員価格 80,000 円
ゴールド会員特価 65,000 円
EQBO会員特価 50,000 円
ランプ + ランプカバーのみの提供になります。
別売のスタンドもご用意できます。購入フォーム「その他通信欄」からご相談ください。


 ● ご不明な点は、「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。
 「ブレスライト」は、エクボ株式会社の登録商標です。

 

お問い合わせフォーム