トップページ > 情報発信 > なぜ今、ミトコンドリアなのか?

なぜ今、ミトコンドリアなのか?

エクボが何故、ミトコンドリアに注目するのか?
ミトコンドリアとは何なのか?

皆様にお伝えしたいという思いから、気楽に読める小説もご用意いたしました。
楽しく、笑いながら、知っていただきたい、ミトコンドリアのこと、そして、エクボの思い。

hormesis2
長寿と健康のためにミトコンドリアにエネルギーを与える

人体は「小宇宙」と言われます。

その人体には、私たちが、なにをしていても(目を覚ましていても、眠っていても)、
「1秒たりとも」休まずに働き続けている細胞たちがいます。

細胞は、人間が命じなくても自律的に「生命を維持しよう」として働いています。

私たちは、細胞の中に、二つのエネルギー生産のシステムを手に入れました。

●「解糖系」・・・酸素を使わないシステム(短時間しかエネルギーを出せない)(古い)
●「ミトコンドリア系」・・・酸素を使うシステム(長時間エネルギーが出せる)(新しい)

人類の先祖の生命体は、ミトコンドリア生命体を取り込むことで、
酸素を無害化して膨大なエネルギーを手に入れて「進化」してきたと言われています。

呼吸は、ミトコンドリアが細胞内でエネルギーを作るために行っています。

細胞内に無数に存在するミトコンドリアが死ねば生物はすぐに死んでしまいます。

ミトコンドリアは一細胞当り50個~50万個、
平均で一細胞辺り2000個程度存在していると言われています。

エクボは、この「ミトコンドリア」に注目しています。

細胞内のミトコンドリアのエネルギー生産力をあげることが、人類の進化の鍵だと考えたからです。

太陽光線と低線量放射線は、
「ミトコンドリア」の酵素活動を活性化する「エネルギー」だと知られています。


エクボの思想から生み出された製品群

エクボは、太陽光線の研究と大地の放射線の研究から、有益な波長を取り出しました。

●「可視光線」・・・・・・・・・ブレスライトシリーズ
【目的】細胞の持つ今ある力を十分に引き出すために・・・・
ミトコンドリアに活力を与えて元気にする。特に「ブレスライト660(深紅光)」は、
細胞に対する効果が明らかでミトコンドリアと、細胞の代謝の維持を支援します。

●ミトコンドリアを元気にする代表的な方法をご紹介
朝日などの太陽光を適度に浴びる     ・・・光を補充する
有酸素運動をする            ・・・ミトコンドリア系を優位にする
深呼吸(長くゆっくりとはく呼吸)をする ・・・酸素をミトコンドリアに
体を温める(入浴)           ・・・体内酵素は37度以上で元気に
プチ断食(摂取カロリーを減らす)をする  ・・・過食はミトコンドリアが疲労する


ミトコンドリア劇場
ミトコと家族、周囲の人々がおりなす物語です。

 


 

お問い合わせフォーム