トップページ > 会員案内 > 財団S会員案内

財団S会員案内

エクボでは『新技術開発』のための財団S会員を募集しております。
現在迄の財団S会員総数
 

賛助金(寄付金)額合計(2015/3/1から集計)
 

目標金額2億円迄 あと…
 

賛助金(寄付金)募集目的
「賛助金(寄付金)」とは、エクボの開発支援を目的とした
一般財団法人ヒロコ財団への寄付金であり、償還や配当はありません。
応募資格
対象者は、『ゴールド会員』以上(EQBO会員も可)のみ。
● ゴールド会員外で、財団S会員を希望する方は、財団S会員申請書の提出と
賛助金(寄付金)振込事実をもって「ゴールド会員」登録されることに合意したものとします。
(下記「財団S会員基本規約 第7項」による)
賛助金(寄付金)額
(寄付)単位
1人(1口以上) 10万円~ (上限口数なし。1人で何度でも応募できます) (1名の申込は口数を限定しない。但し、金額「100万円」以上は事前に問合せが必要)
会員期間
財団S会員の「資格」は会員からの脱退の申請、または「規定違反」がない限り
ご本人の「ご存命中」は会員資格を有します。(会員資格は原則として承継できません)
財団S会員の特典
(優待会員)
「エクボ」新技術開発の「最新情報」が不定期に「報告」されます。
「報告会」への参加資格が、1口で「2回」付与されます。(ご招待案内を「2年間」ご通知)
「財団S会員」は「EQBO会員」の資格を全て有します。(1口で10年)
【100万円以上の賛助(寄付)特典】・・・ 「エクボ内規」により100万円以上(積算も可能)の財団S会員を「永年財団S会員」とし、別段の「優待資格」が追加されます。
● 報告会へのご招待回数は「賛助金(寄付金)」入金日より「口数」毎に起算されます。
● EQBO会員資格は「EQBO会員」(2013年8月)開始より起算されます。

過去の主な賛助者(寄付者)は、こちらに掲載しております。


ご注意

ご応募の際は、「指定の申込用紙」に「必要事項」を漏れなく記入し、
「FAX」または「電子メール」に添付して送信してください。
「財団S会員応募フォーム」からもご応募いただけます。
その後、エクボからの返信に従い、期日までに賛助金額(寄付金額)の振込を完了してください。
ご応募の際は、下記「財団S会員基本規約」をお読みになってから下部のボタンを押してください。

財団S会員基本規約 及び 一般財団法人ヒロコ財団関連規約 ※ 以下、ヒロコ財団と略す
  1. 財団S会員とは、非営利の目的でエクボの開発支援を行うことに合意した個人である。
  2. 財団S会員が、納める「賛助金(寄付金)」はいかなる理由があろうとも返還されない。
  3. 財団S会員は、エクボの開発支援と事業活動支援を「害する」行為をしてはならない。
  4. 財団S会員は、故意にエクボ(及びヒロコ財団)の信用を失墜させるような情報を流布することをしてはならない。
  5. 財団S会員は、反社会的な行動と認められる行動が発覚し、その修正が認められない場合、及び上記1項から4項の規定に違反した場合は、エクボが脱退手続きをとることに異議を申し立てない。
  6. 財団S会員は「優待」資格を有する。(資格は、寄付金の口数に従って「内規」により考慮される)
  7. ゴールド会員外で、財団S会員を希望する者は、財団S会員申請書の提出と寄付金振込事実をもって「ゴールド会員」登録されることに合意したものとする。既にゴールド会員以上の資格を有する会員は賛助(寄付)口数に応じて「財団S会員」の資格が付与され、サービスを受ける権利を有します。
  8. 「賛助金(寄付金)」は、財団S会員の特別な指示がない場合は、ヒロコ財団への寄付として受領する。

以上




 

お問い合わせフォーム